木曜日, 12月 15, 2005

g@google.jp

2005年、Googleは日本の携帯電話ユーザーを対象としたGoogleモバイルに、携帯サイト検索とローカル検索を加えました。本日、新たに「Googleモバイル検索メール(ベータ版)(g@google.jp)」を追加しました。

今年3つ目の日本語版モバイルサービスとなるGoogleモバイル検索メールは、NTT
DoCoMo、KDDI、Vodafoneの携帯メールが使えるユーザーを対象としたサービスです。携帯電話のメールを使って特定のGoogle検索を行い、検索結果をメールで受け取るスタイルの同サービスにより、携帯電話からの検索方法に選択肢がひとつ追加されたことになります。このサービスは、Googleの他のサービス同様、ユーザーと求めている情報を少しでも簡単、迅速、正確に結び付けたい、という考え方の一環として作られました。

Googleモバイル検索メールでは、通常のウェブ検索、携帯サイト検索はもちろん、ローカル検索やパソコンでGoogleを利用するときと同様の電卓機能や通貨換算の検索結果を得ることができます。地下鉄や電車に乗っている場合や、情報は探したいが、歩いている最中なので通常の検索が行いにくい場合など、外出先や移動中などの様々な場面で気軽に使うことができます。


使い方:
1:メールの本文に、検索したいキーワードを入力します。なお、ウェブ検索、ローカル検索、携帯サイト検索など、特定のサービスを対象とした検索を行う場合は、メール本文の先頭に「ローカル」「ロ」など特定サービスを示す印を入力し、スペースを空けて検索キーワードを入力します。(下を参照ください)
2:メールをg@google.jpに送信します。
3:Googleから検索結果のメールが送られます。1つの検索に対し、Googleの検索結果数件とGoogleの検索結果ページへのURLを返信します。


キーワードの入力方法:
* ウェブ検索: 検索キーワードの前に「ウェブ」「ウ」「う」のいずれかを入力
例:ウ 神戸 人口

* 携帯サイト検索: 検索キーワードの前に「携帯」「ケ」「け」のいずれかを入力
例:け 着メロ

* ローカル検索: 検索キーワードの前に「ローカル」「ロ」「ろ」のいずれかを入力
探したいお店やサービスを入力し、スペースの後に地域を入力
例:ろ ラーメン 渋谷

* 電卓機能や通貨換算は、パソコンのGoogleウェブ検索での利用同様、メールの本文部分に数式や換算する通貨を入力して送信します。
例:30坪を平米で  1ユーロは何円

なお、http://mobile.google.co.jp/kmでGoogleモバイル検索メールのデモをお試しいただけます。Googleモバイル検索メールはベータ版のサービスです。より便利で役立つサービスにするため、まだ改良を続けていきますので、皆さんのご意見をmobile-jp@google.comまでお送りください。


(注)日本国内でNTT DoCoMo、KDDI、Vodafoneを利用ユーザーで、これらの携帯電話でメールが利用できる方が対象です。また、ドメイン指定受信をされている場合はgoogle.jpのドメインが許可されている必要があります。電話機の設定についてはお手数ですが、各携帯電話会社にお問い合わせください。

3 Comments:

Blogger agi said...

Gめーるで使用している、メール受信の”自分”という表現にとても抵抗を感じてしまう女性アカウンターです。自分・・いまさら体育会系でもあるまいし・・。語学にたけたグーグならもっと適正な言葉を探してください。まだ、本人 のほうがまし。ヤフー系お手軽と差別したいのはわかりますが、あまりのもボキャブラリーが貧弱です。改良を期待しております

4:59 午前  
Anonymous  said...

Gメールは優れた暗号化効果が期待できるので、活用していますよ。

1:20 午前  
Anonymous 中国語翻訳会社 said...

中国語を翻訳するには大変便利だと思いますが。

1:21 午前  

コメントを投稿

<< Home